洗濯機のラインナップも豊富なエコ家電

最近の家電製品といえば、エコ家電というのが多いですよね。特に実感できたのは洗濯機だと思います。

洗濯機のラインナップも豊富なエコ家電

流行のエコ家電といえば洗濯機

私は、東日本大震災があって以来、冷蔵庫の冷気を逃さないカーテンや待機電力の細かなものまで気を配ることをしていました。というのも、正直、計画停電というものに追い込まれたような感覚があったからだと思います。日々、本日の電気指数みたいな表示がされ、計画停電のグループに入っていましたからね。自分が少しでも節電することで停電が避けられるのならという思いでした。

それからというもの、電気をLEDに替えるとか、もっとエコ家電に替えるといったことまでは余裕がありませんでしたが、冷蔵庫は中身を少なめ、冷凍庫はぎゅうぎゅう詰めにしてとか、エコに繋がることをしてきました。それから、たまたま、ドラム式の乾燥つき洗濯機を貰う機会がありました。それまででも、節水とうたわれていた洗濯機で、お風呂の残り湯を使っていたのですが、容量も大きくなりますし、乾燥まで機能があるしということで取り替えました。

すると、その洗濯機は毎回、使用電力料が表示されるんですよ。しかも、従来通り、お風呂の残り湯を使っても、今までのようにお湯が減らないのです。極端な話、浴槽半分くらい減っていたお湯が、1/3くらいしか減っていないようなそんな感じでした。初め、うまく吸い取っていないのではないかと疑ってしまったくらいですから。しかし、それで、節水というのを実感しました。もちろん、洗濯物も綺麗になっていますしね。それから、洗濯物の量によって、一番電気料が安かった時が、0,6円、そして、洗濯から乾燥まで使った時で0,9円でした。