洗濯機のラインナップも豊富なエコ家電

洗濯機では、水をたくさん使うことになります。エコ家電の機能のついたものは、洗いとすすぎで水の利用を抑えます。

洗濯機のラインナップも豊富なエコ家電

洗濯機におけるエコ家電の機能として水の量が少ない

洗濯に欠かせないものとしては水があります。最初に水をつけて、それに洗剤をなじませてこすることになります。手洗いのときから行っていることです。水も何もつけない状態だと、少し汚れは取れても、繊維が傷むことになります。こびりついた汚れであればまずとれません。水を含ませれば、こびりついた汚れを溶かしてくれることがあります。そうしてどんどん汚れを分解していき、さらに水で流すようにします。たくさんの水があれば、より洗濯がしやすくなります。

洗濯機を利用するときも、たくさんの水を使うことが多かったと思います。そちらに洗濯物をいれ、洗濯石鹸をいれ、拡販することになります。それによりきれいに落とすことが出来ました。問題は、水をたくさん使うことです。そのことから、毎日行わずに、たまってから行うことがでてきてしまいます。少なくてもできるのであれば毎日したいですが、一回一回に多くの水を使うのはもったいないです。エコ家電のことを考えると、利用頻度を減らすしかないのです。

そこである機種の利用を考えて見ます。こちらは、水の量を極力減らして行えるものです。通常のものは単純な水流しか生みませんが、こちらはドラム内にくぼみをつけることで、多様な水流を生み出すことが出来ます。少量の水でも水流が出せるので、より汚れが落ちやすくなります。汚れを落とすときにも効果があるのですが、洗剤を落とすすすぎの段階においても水の量を少なくすることができます。水の節約が出来ます。